大崎上島地区保護司会会長の八崎則男さんが、法務大臣賞を受賞されました

更新日:2020年04月01日

 保護司とはどのような活動をする方か、ご存じですか。

 保護司は、犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティアです。保護司法に基づき、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員ですが、給与は支給されません。保護司は、民間人としての柔軟性と地域の実情に通じているという特性を生かし、保護観察官と共同して保護観察にあたるほか、犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たした時、スムーズに社会生活を営めるよう、釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行っています。

 この度、大崎上島地区保護司会会長の八崎 則男さんが、長年のご功績により法務大臣賞を受賞されました。
誠におめでとうございます。大変な任務ですが、今後もよろしくお願いします。

保護司会会長の八崎 則男さんが首から黄色に緑色のラインの入ったリボンのメダルを下げて賞状を手に持って町長と2人で写っている写真

この記事に関するお問い合わせ先

大崎上島町 総務企画課
〒725-0231 広島県豊田郡大崎上島町東野6625番地1
電話:0846-65-3111 ファクシミリ:0846-65-3198

メールフォームによるお問い合わせ