保護司会八崎会長が「社会を明るくする運動」推進に協力を求めるメッセージを携えて訪問されました

更新日:2020年04月01日

 6月2日(月曜日)大崎上島保護区保護司会・八崎会長が谷垣 禎一法務大臣の「社会を明るくする運動」推進に協力を求めるメッセージを携えて訪問されました。

 社会を明るくする運動は、全ての国民が、犯罪や非行の防止と、あやまちを犯した人の更生について理解を深め、それぞれの立場に置いて力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築こうとする全国的な運動です。本町でも保護司さんが犯罪を犯した人の更生に力を尽くされており、その地道な活動に感謝するとともに敬意を表します。

 7月が運動の協調月間となっており、皆で犯罪や非行のない安全で安心な地域づくりについて考えましょう。

保護司会八崎会長から町長がメッセージを受け取っている写真
「社会を明るくする運動」と書かれているタスキを肩からかけて、保護司会八崎会長、町長、ボーダーのティーシャツを着た女性が写っており、町長がメッセージの書かれた用紙を持って写っている写真

この記事に関するお問い合わせ先

大崎上島町 総務企画課
〒725-0231 広島県豊田郡大崎上島町東野6625番地1
電話:0846-65-3111 ファクシミリ:0846-65-3198

メールフォームによるお問い合わせ